審美歯科治療の知って得する情報|美しく耐久性のある歯に変わる

歯科

虫歯になる前に予防しよう

女の人

新宿の歯医者で虫歯の治療をする場合、その進行具合によって治療方法は異なります。こうした歯の治療は年々進化してきていて、今では様々な方法が取り入れられています。歯の表面のみにできた浅い虫歯などは削らずに治療する方法が用いられます。歯の内部、エナメル質よりも下の象牙質まで到達すると、歯を削ります。この時削る量はできるだけ少なくして、コンポジットレジンと呼ばれるプラスチックを詰めていきます。このプラスチックは粘度のような柔らかさのため、小さな穴から入れることができ、固める際も光を当てて簡単に施術できます。歯の神経まで到達した状態だと、通常神経を抜く必要性がありますが、現在の最新技術によって開発されたMTAセメントという歯を再生させる材料を使います。それによって歯の神経を抜く必要がなくなるのです。歯の神経まで虫歯が到達し、神経が死んでしまっている場合には、その神経を抜く必要があります。この神経を抜く技術も発達してきて、マイクロスコープと呼ばれる手術用に使われる顕微鏡を使って歯の神経を抜く抜髄治療が行われるようになりました。歯の神経が死んで更に進行すると、そこから更に細菌が根の先に毒素を出してつくる、歯根嚢胞というものができます。現在の技術では、以前と比べると格段と進化が進んできて、手術の精度が上がっています。
他にも手術にはいろいろありますが、新宿のどこの歯医者で手術するのかによっても対応可能な手術方法が違います。担当する医師によって技術料も違うため、予め新宿のそれぞれの歯医者で受けられる手術をネットなどで調べて把握しておきましょう。その他、新宿の歯医者ごとの料金も違うので、金額の確認もしておきましょう。