審美歯科治療の知って得する情報|美しく耐久性のある歯に変わる

歯科

歯の治療期間

医療器具

神戸でのインプラントの治療は基本的に、平均約3ヶ月から10ヶ月の期間で行なわれます。そのインプラントの流れは、まず精密検査して治療計画を立てます。施術段階で現状どれくらい歯が失われているのかを確認する他、歯を埋め込む際に顎の骨の硬さなども大事なため、骨格や骨の硬さ、大きさや噛み合わせなども正確に調べていきます。そのため、レントゲンやCTスキャンを使って確認します。数ヶ月かかる治療で、それなりの料金になるため、治療法や期間、料金が分かると患者と相談し、同意した時点で治療スタートとなります。仮に骨の強度が足りない場合でも、造骨手術という別の手術で施工して対応していきます。神戸のインプラントの手術は2回に分けられます。まず1回目は歯茎を切開して、アゴの骨を削ります。その後、インプラントの土台を埋め込みます。この時、手術前に局所麻酔が使用されるために痛みはほとんどない状態になりますが、痛みが不安な方には無痛鎮静法など様々な方法で対応できるよう麻酔方法にも種類がいくつか用意されています。土台を埋め込んだあとは、消毒や抜糸などを行なって、定着するまでに3ヶ月から6ヶ月ほどの期間をあけます。定着してきたら2回目の手術を行ない、2回目の手術では、定着してきた土台の頭部分を出して、アバットメントと呼ばれる連結部分を装着する手術をします。
こうした過程を経て、最後に人工歯の装着を行ないます。この時、元々の歯の形や色、歯並びを確認して、それに合わせてインプラントの上にかぶせる歯を作っていきます。ここまでの期間は2回目の手術から1週間から6週間ほどかかります。このように神戸のインプラントでは、工数がかかり、長期間に渡る手術になります。神戸でインプラントの治療を受けるのであれば、値段も治療を受けるところで大きく違うので、医師と相談して決めましょう。